結婚活動が加速する理由

「婚活」と称される結婚活動が大きくメディアなどで取り上げられるようになったのは
ここ4、5年ではないでしょうか。
10年一昔といいますが、一昔前は就職活動を「就活」と呼ぶようになりましたが、これは長く続く
不況の中で高校または大学を卒業した時点での就職をする事が困難になったという事が反映をしています。

その為に卒業時に就職先が決まっているようにと多くの人が就職活動に励むようになり、
その状況を「就活」と呼ぶようになったのです。
では今「婚活」がこのようにメディアに大きく取り上げられる理由というのは何でしょうか。

それはやはり世の中の流れとしての「晩婚化」が大きなウェートを占めていると思われます。
男女雇用均等法が施行されてまもなく30年になりますが、それ以前の女性の会社での立場
というのは一部の専門職の方を除いて言葉は悪いですが「腰かけ」と呼ばれていました。
「腰かけ」とは「結婚するまでの数年の期間だけの仕事をする」という意味合いがあり、
賃金や昇給の面でも男性とは大きくかけ離れていました。

そうした中で多くの女性は会社で働いていたのですが、その当時はその言葉通りに
会社に勤めて数年という20代前半で結婚をする人が大半、20代後半で結婚をする人を合わせると
実に5人に4人の女性が結婚をしていました。
もちろん恋愛結婚もありましたが、お見合いで結婚をする人の割合も多くありました。
そして婚姻率を確立させていた要因のひとつは「世間体」を気にするという風潮もあったでしょう。
そうした状況を一変させたのが男女雇用均等法であり、働きたいと望む女性がその仕事を
続けるという事が可能となり、多くの女性がその能力を発揮する場面が続きました。

ですが、仕事と家庭を両立させる事はたやすい事ではなく、仕事を選んだ人の非婚化が進んでいきました。
非婚を選んだ人の人生、それはそれで素晴らしいものです。
しかしそうした法律の施行により女性が社会で活躍をする場面が多くなる一方で、そうではなく愛する人と
結婚をして家庭を持ちたいと考える女性が増えてきたという事が、結婚活動が年々加速する理由のひとつでしょう。
特に女性の場合、友人がひとりまた一人と結婚をしていく状況に置かれると「自分だけが取り残される」と
いう危機感を感じていまい、「友人の中で最後に残るのは嫌だ」という意味のないプライドを持ち合わせて
しまう場合もあります。

また友人に子供が生まれた際には子育ては大変だと思いながらも可愛い赤ちゃんの
様子を見ていると「自分も子供を産むたい」という気持ちになっていきます。
今まで同じような生活環境の中にいた友人が結婚・出産という課程を進んでいく様子を
見ていると「取り残されてしまう」という危機感のような気持ちが大きくなる、こうした事も
結婚活動に拍車をかけているでしょう。

日頃から風俗に通っている習慣がある人であれば、風俗で結婚相手を見つけるというのもありでしょう。
今回あえてご紹介したいのが、風俗バイトです。
女性であれば風俗求人に応募して、風俗の仕事をしながら結婚相手を見つけるという変わった形の職場恋愛も十分可能だと思います。
男性の方は求人には応募する事はできませんが、風俗に通う事で女性と仲良しになって、そこから結婚もできるかもしれません。
風俗求人は男性と触れ合う機会だけでなく、手堅く高収入な仕事も多くあるので、短期で稼ぎたいという女性の方にお勧めです。