ネットの誹謗中傷はITに詳しい弁護士に相談

インターネットが普及し、匿名で誰でも自分の意見を発信できる現代では、その弊害として個人や企業の社会的信用を大きく失墜させる嘘でたらめな情報を匿名で電子掲示板やSNSで流布させる誹謗中傷被害が増えています。

ネットでの誹謗中傷は放っておくとあたかも事実であるようにインターネット上に広く拡散し、取り返しの付かない事態に発展することも少なくないので、できるだけ早くITに詳しい弁護士事務所に相談して適切な対処をしてもらうことが有効です。

インターネットの掲示板やブログなどのウェブサイトへの書き込みは、書き込んだ本人の同意を得なくてもサイトの管理者(運営者)に弁護士が法的根拠に基づいて削除を依頼することで削除することが可能です。



また、インターネット上の書き込みは匿名であってもその痕跡は残っており、ウェブサイト(サーバー)の管理人に法的根拠に基づいて犯人のIPアドレスなどの情報開示を求めれば、インターネットサービスプロバイダ(ISP)を特定することができます。

闇パチスロの情報をご紹介いたします。

ISPのサーバーには利用者情報や通信履歴などが保存されているので、これを弁護士が情報開示訴訟を起こして入手することで犯人を突き止め、刑事事件として告訴したり、損害賠償請求を行なうことも可能です。

このように、インターネットを通じて誹謗中傷の被害を受けた場合には、ITに詳しい弁護士事務所に早めに相談することでスムーズに書き込みを削除することができ、必要に応じて犯人を突き止めることも可能なので、誹謗中傷に気づいたら早めに相談しましょう。



なお、誹謗中傷対策の実績が豊富な弁護士事務所では、どのような対策を行うのかをホームページで詳しく紹介しているので、ホームページをよく閲覧してみて信頼のおける弁護士事務所に相談することをお勧めします。