パチスロ店と闇パチスロ店の違いについて

皆様がほとんどの人が聞いたことがあります、パチスロ店という言葉をご存知でしょう。
パチンコ店はもちろんのこと、ゲームセンターなどにも置かれている遊戯であります。



しかしそのパチスロにも闇パチスロというのが存在しているのです。
まずパチスロについて簡単な説明をしますと、パチンコ型のスロットであり、パチンコ店では1000円を入れそれにメダルと交換して遊ぶ遊戯台となっております。なお、ゲームセンターでは100円で30クレジットでできるのもあります。

闇パチスロの情報をご紹介いたします。

では闇パチスロとは何かを説明していきます。闇パチスロとは一般的にパチンコ店と同じなのですが、風営法の許可を取らずに運営されている店のことを闇パチスロといいます。

通常のパチスロ店は風営法の許可をとっており、一般的にはスロットだと換金率が千円で50枚でだいたい約18.5から20円が換金できるのが普通ですが、闇パチスロ店の場合その換金率が超えていることがあり、さらには普通の店では禁止されていることをその店ではできるようになっています。



例で例えると、掛け持ちは普通ではできませんが、掛け持ちできたり、今の店では撤去されている4号機。初代北斗の拳やアラジンなど店に置いてあります。

イメージから言いますとゲームセンターに置いてあるパチスロ店換金できる店といってもいいでしょう。当然違法にあたりますので、ばれてしまえば罪に問われてしまうので、普通のパチスロ店で遊ぶといいでしょう。